甲子園まつば眼科

Tel.0798-44-6446
WEB予約

甲子園まつば眼科

MENU

まぶた(眼瞼)の病気

Medical

まぶた(眼瞼)の病気

眼瞼は目を守るための組織です。
まぶたの病気には以下のものがあります。

  • 霰粒腫
  • 眼瞼下垂
  • 眼瞼内反症
  • 眼瞼けいれん

眼瞼の病気では下記のような症状があります。

  • まぶたが腫れる
  • 目が開きにくい
  • まぶたが下がる
  • 目が痛い
  • 目がピクピクする

眼瞼けいれん

まぶたの周りの筋肉(眼輪筋)が無意識的に強く収縮する病気です。

原因

眼瞼けいれん、50~60 歳前後の女性に多く見られる原因不明の特発性のものと、睡眠薬や抗うつ薬などの向精神薬の服用で起こる薬剤性のもの、高齢者のパーキンソン病に合併する続発性のものがあります。

症状

眼瞼けいれんの症状には以下のものがあります。

  • 目がぴくぴくする
  • まぶしい
  • 目を閉じてしまう
  • 目が乾く
  • 目が痛い

ドライアイの症状と似ており、ドライアイの診断で経過をみられていることもあります。また、実際にドライアイを合併していることも多いです。
眼瞼けいれんは、時々発症するものと持続性のものがあり、自分の意志でコントロールできません。いったん発症すると自分で目を開けられなくなります。まぶたの開け閉めがうまくできないので、仕事や日常生活に大きな支障をきたすことがあります。

治療

治療の第一選択は、ボトックスという薬剤をまぶたに注射します。ボトックスはA型ボツリヌス毒素という食中毒をおこす菌から精製した薬剤です。ボツリヌス治療は根治療法ではなく対症療法です。
ボトックス注射を行うと約80%の患者さんに効果が出ます。効果は注射2~3 日後から出現し、おおよそ2~3 ヵ月は持続します。ボツリヌス治療の効果が出すぎた場合には、まぶたが下がったり、目が締まりにくくなるなどの副作用が起こりますが、2~3ヶ月で改善します。

当院では、予約で眼瞼周囲へのボトックス注射を行います。

診療案内