甲子園まつば眼科

Tel.0798-44-6446
WEB予約

甲子園まつば眼科

MENU

白内障

Medical

白内障

白内障は目の中のレンズ(水晶体)が濁ってくる現象です。カメラのレンズにあたる水晶体が濁るため、目の中に十分な光が届きにくくなり、かすんだり、ぼやけたりするようになります。

白内障の原因

白内障の多くは老化現象で、病気ではありません。程度には個人差がありますが、50 歳を超えると多少は白内障が出てきます。しかし、糖尿病やアトピー性皮膚炎、過去に眼球を強くぶつけたり、ステロイドという薬を使っている場合には、若いうちに白内障が始まることがあります。

白内障の症状

  • 視界がかすむ
  • まぶしくなる
  • 暗い場所で見えにくい
  • ピントが合いにくくなる
  • 視力が出にくい

白内障の治療

白内障の治療としては進行予防の目的で点眼薬が処方されますが、点眼のみでは進行を十分に抑えることはできません。

進行してきた場合は手術が治療方法となります。手術の適応としては、上記のような症状がある方で、日常生活に支障が出てきた場合が最も良い時期となります。したがって、しかし、最高視力が1.0 ある方でも、裸眼視力が落ちてきた場合や、明るいところでかすみが強い場合には手術の適応となります。

また、緑内障の中でも閉塞隅角緑内障になりやすい目の形をされている場合は、たとえよく見えていても眼圧が急上昇する急性緑内障を引き起こすことがあります。もともと隅角が狭めの患者様には、早めの白内障手術をお勧めします。

白内障の手術について

手術方法は、超音波乳化吸引術が一般的です。この手術では、小さい傷口から濁った水晶体を超音波で粉砕して取り除き、その代わりに眼内レンズを挿入して、かすみがなくピントが合う状態をつくり出します。手術時間は点眼麻酔で約10分くらいですが、手術準備や後片付けを含めると30~40 分程度はかかります。

白内障手術で挿入する眼内レンズには、焦点が一か所にしか合わない単焦点レンズと遠くと近くなど2 ヵ所にピントを合わせることのできる多焦点レンズがあります。
一般的によく用いられる単焦点レンズでは、遠くも近くも自在にはっきり見えるというピント合わせはできません。したがって、手術前にどこにピントを合わせるかをよく考える必要があります。

片方の目だけを手術する場合には、手術しない方の目の度数に合わせることが普通です。両目とも手術をする場合は、以下の見え方を選択されます。

  • 裸眼で遠くのものをはっきりと見たい。
  • もともと視力が良かった方で運転などをされる方で、近くをはっきりと見るときには老眼鏡が必要。
  • 裸眼で近くのものをはっきりと見たい。
  • もともと近視だった人の見え方で、日常生活で眼鏡が必要となることが多い。
  • 中間(1~2 メートル)の距離をはっきりと見たい。
  • 遠くや近くをはっきりと見るにはそれぞれ眼鏡が必要だが、普段の生活には便利。

なおピントの位置は若干の誤差を伴いますので、100%希望通りというわけにはいきません。

白内障の手術は、安全性が高く、多くの患者さんが安心して受けることができる手術の1つとなっています。また、手術を受ければ、視力の回復が見込める病気です。

当院では日帰り手術での対応が可能です。
入院での手術をご希望される場合は、大学病院など高次医療施設をご紹介させていただきます。

診療案内